料金

基本コース
各 3 時間 150,000円
別会場や御社にご訪問してのセミナーも可能です。

*茶道
「茶道のおもてなし、和の心をビジネスシーンにとりいれよう」
〜抹茶をいただけるようになりましょう。 お相手の方のお気持ちがわかるようになり コミュニケーション能力がアップして良い人間関係が築けるようになります〜
五感を磨き、完成をアップ、物怖じせず、接客、おもてなしを身につけることができます。

*華道
「花を生けて、ビジネスセンスを磨きましょう」
〜華道の歴史、成り立ち 基本の形、生け方〜 ディスプレイやインテリア、商品開発など仕事のセンスを磨くことにもつながります〜
感性を磨き、アイデアやひらめきを生み出し、相手の心をつかむインスピレーション術を身につけることができます。

「花」は私たちの生活で欠かせないものとなっています。
結婚式に花を持ったり、記念日にプレゼントしたり、 墓にも飾ります。

華道は茶道と創立は同じ15世紀で、仏教徒が嵐で散った花を広い 瓶に浸したのが始まりだといわれています。そして、茶道の作法が完成されると 茶室の中で、生け花(華道)も大きな進歩をとげ、17世紀にはいるとやがて、 茶室から独立した花に新しい概念が生まれ、数多くの華道の流派が発展していきます。

ビジネスにおいて、相手の心をつかむことがとても大切です。会社のエントランス、会場などで
どのような花が印象に残るか、キレイな花を見た時に生けた人に敬意がはらえたり、感想がいえるか。

このような話があります。ある会社の受付に花が生けてありました。
大きなプロジェクトの企画のプレゼンテーションをしに訪問してきた担当者は商談のことで頭がいっぱいで 受付の花になど目が向きません。その花が生けている台の上に鞄をのせ花にもたれていました。
その姿をみた社長はその企画を受け入れなかったそうです。
どんな素晴らしい企画でも心が入っていないと判断されてしまったのです。
又逆に、まだ企画が充分に完成できていなかった案件をもってきた担当者が受付の花をみて「きれいですね」と楽しそうにのぞきこんで いる姿をみて可能性を感じた社長はいろんなコラボレーションのアイデアをだして、仕事が円滑に進んだそうです。
和文化を学ぶことで人の心を落ち着かせ、ビジネス人の心構えとセンスを磨くお役に立てることを願っております。

田中賀鶴代

田中賀鶴代

有限会社アリカエンタープライズ
代表取締役社長
http://arica.co.jp
茶道